0206B_01.jpg
 

交通事故の賠償額は弁護士が入った方が上がることが多いです。事故直後(症状固定前)から相談して下さい。 弁護士特約について

電話無料

 

 

弁護士による交通事故問題の解決事例

muchi0001.png   kouji0001.png
seki0003.png   kansetsu0002.png

死亡事故の解決事例はこちら>>

その他の解決事例はこちら>>

 

交通事故解決事例一覧

1. 【交通事故解決事例】死亡事故: 逸失利益の算定を、前年ではなく事故当時の年の年収で計算し、1億500万円で解決できた事例

 
 

2. 【交通事故解決事例】 保険会社からの提示額70万円を弁護士の交渉により930万円に増額させた事例

 
 

3. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 等級認定非該当から14級を獲得し、保険会社の提示額よりも190万円増額できた事例

 
 

4. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 交通事故紛争処理センターを利用し、保険会社の提示額よりも150万円増額できた事例

 
 

5. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 過失割合5割を2割に下げ、保険会社の提示額より130万円増額できた事例

 
 

6. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 弁護士が病院同行して完璧な後遺症診断書を作成してもらった結果、後遺障害等級14級が取得でき、322万円を獲得した事例

 
 

7. 【交通事故解決事例】後遺障害等級非該当: 弁護士が保険会社と交渉し、220万円獲得した事例

 
 

8. 【交通事故解決事例】後遺障害等級非該当: 主夫としての休業損害14日分、逸失利益5年分を認めさせ、保険会社の提示額より160万円増額できた事例

 
 

9. 【交通事故解決事例】後遺障害等級非該当: 保険会社の提示額より170万円増額できた事例

 
 

10. 【交通事故解決事例】後遺障害等級非該当: 保険会社の提示額に、お礼の品と人件費代7割を増額できた事例

 
 

11. 【交通事故解決事例】後遺障害等級非該当: 付添看護費と入通院慰謝料を増額できた事例

 
 

12. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 弁護士が保険会社と交渉し、255万円獲得できた事例(頸部捻挫・腰部捻挫等)

 
 

13. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 保険会社との示談交渉が成立せず、紛争処理センターに申し立てをし、保険会社の提示額よりも115万円増額した事例

 
 

14. 【交通事故解決事例】後遺障害等級11級: 相手方の提示額640万円を2670万円に増額させた事例

 
 

15. 【交通事故解決事例】後遺障害等級1級: 加害者の過失を立証困難だった事例で550万円を支払わせた事例

 
 

16. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 後遺障害認定前から受任し、14級を認定させ、14級ながら12年分の逸失利益を認めさせた事例

 
 

17. 【交通事故解決事例】死亡事故: 夫の母の同意書を要求されたがそれを拒み、4650万円を取得した事例

 
 

18. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 詐病を疑われ、かつ無職だったが、誤解を解いて休業損害・逸失利益を認めさせた事例

 
 

19. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 弁護士が保険会社と交渉し、逸失利益期間を17年で和解できた事例

 
 

20. 【交通事故解決事例】後遺障害等級非該当: 後遺障害非該当の事例で、弁護士が保険会社と交渉し、入通院慰謝料109万円で和解できた事例

 
 

21. 【交通事故解決事例】後遺障害等級14級: 3テスラのMRI画像により14級を獲得し、後遺障害による逸失利益について、会社役員の役員報酬のうち、50%を労働の対価とする内容で和解できた事例

 
 

22. 【交通事故解決事例】 左大腿骨頚部骨折で後遺障害等級10級を獲得できたが、依頼者にも過失があり過失割合によっては任意保険からの賠償金を受け取ることができない可能性があった事案において、任意保険から45万円を取得して自賠責保険を含めて506万円を獲得した事例

 
 

23. 【交通事故解決事例】 後遺障害等級14級に認定されたが、休業することもなく勤務できていたことから逸失利益について3.5年分で(総額120万円を300万円に増額して)和解した事例

 
 

24. 【交通事故解決事例】 後遺障害等級14級に認定された事案で、休業損害50万円を認めさせ、保険会社の提示額約136万円を総額約315万円に増額して和解した事例

 
 

25. 【交通事故解決事例】 脛骨腓骨骨折・上腕骨骨折・鎖骨骨折・恥骨骨折により後遺障害等級9級に認定された事案で、総額3100万円を取得して和解した事例

 
 

26. 【交通事故解決事例】 中国人妻が交通事故で死亡した事案で、妻は在留資格を有する外国人であることを立証し、日本人と同じ賠償金を請求し、6050万円を取得して和解した事例

 
 

27. 外貌醜状(アゴに線状痕)9級16号・開口障害・そしゃく障害12級の併合8級の事案で、外貌醜状による逸失利益を一切認めない保険会社に対し、交通事故紛争処理センターの裁定で逸失利益を認めさせ、保険会社提示額900万円を1800万円に増額させた事例

 
 

28. 頚椎捻挫・腰痛により後遺障害14級の事案で、保険会社の提示額約244万円を491万円に倍増させた事例

 
 

29. 【交通事故解決事例】 下腿・足関節・足部疼痛による後遺障害等級14級・依頼者の過失7割・取得見込額約130万円の事案において、異議申立をして可動制限で後遺障害等級12級を勝ち取り、人身傷害保険を利用することにより、依頼者の全損害額の94%にあたる1428万円を取得した事例

 
 

30. 【交通事故解決事例】 依頼者過失2割の事案で、歯牙破折による歯牙障害として後遺障害12級(ただし既存障害13級)・頚部・肩上肢の疼痛違和感による同14級を取得し、人身傷害保険を利用することにより、自己過失分を含めての全損害額480万円を取得した事例

 
 

31. 【交通事故解決事例】 症状固定せず治療継続を望まれていたが、弁護士からの説明で症状固定することにして、後遺障害14級を獲得し、賠償金が95万円から222万円に増額された事例

 
 

32. 事故後職場を休業しなかった兼業主婦の家事従事者としての休業損害と入通院慰謝料を合計約60万円増額させた事例

 
 

33. 入通院慰謝料について、保険会社の提示額59万2200円を72万5200円に増額させた事例

 
 

34. 依頼者過失1割、股関節の機能障害で後遺障害10級の事案で、専業主婦の逸失利益等を保険会社に認めさせ、保険会社の提示額656万円を1560万円に増額させた事例

 
 

35. 過失割合の主張を依頼者に不利に変更し続け、最終的に依頼者過失を5割以上だと主張してきた保険会社に対し、相手方の供述の変遷を指摘して相手方の供述が信用できないことを示し、依頼者過失3割で示談を成立させた事例

 
 

36. 頚椎捻挫、腰椎捻挫で後遺障害14級の事案で、専業主婦の休業損害約51万5000円、逸失利益64万5000円等を認めさせ、保険会社の提示額163万円を314万円に増額させた事例

 
 

37. 左足の骨折等により後遺障害12級の事案で、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料を合計約230万円増額させた事例

 
 

38. 【交通事故解決事例】 脊椎の圧迫骨折を原因とする脊柱の変形により後遺障害11級の事案で、示談額を414万円から840万円に倍増させた事例

 
 

39. 【交通事故解決事例】 右上腕骨頭陥没骨折等により後遺障害12級を獲得し、合計約852万円の賠償金を取得した事例

 
 

40. 【交通事故解決事例】 依頼者過失15%の事案で、腰椎横突起骨折等により後遺障害14級を獲得し、交通事故紛争処理センターに申し立て、合計255万円の賠償金を取得した事例

 
 

41. 【交通事故解決事例】 依頼者過失10%の事例で、左肩打撲傷・棘下筋挫傷等により後遺障害14級を獲得し、約305万円の賠償金を取得した事例

 
 

42. 【交通事故解決事例】 通院慰謝料として約104万円を取得し、受任から約1か月の早期解決をした事例

 
 

43. 【交通事故解決事例】 「醜状痕については逸失利益を認めない。」と主張する相手保険会社を説得し、逸失利益270万円認めさせ、当初示談案280万円から350万円増額させて630万円で示談した事例

 
 

44. 【交通事故解決事例】 3つの法律事務所に相談した後当事務所に依頼され、当事務所で後遺障害等級3級を獲得し、相手方の「過失相殺45%」という主張を減額させ、「過失相殺を30%」とし、遅延損害金の半分を支払わせることに成功し、総額6500万円を取得した事例

 
 

45. 【交通事故解決事例】 依頼者過失15%の事例で、外傷性頚部症候群、腰椎捻挫等により後遺障害14級を獲得して、約250万円の賠償金を取得した事例

 
 

46. 【交通事故解決事例】 事故から約1か月半という短期間の治療で完治したが、通院中の主婦としての休業損害を含む約43万円の支払義務を相手方保険会社に認めさせ、受任から約1か月半で早期解決した事例

 
 

47. 【交通事故解決事例】 依頼者過失5%の事例で、主婦の休業損害・通院慰謝料等合計161万円の賠償金を取得した事例

 
 

48. 【交通事故解決事例】 保険会社から36万1200円の示談案を提示されたが、示談額を約79万9200円に倍増させて示談した事例

 
 

49. 【交通事故解決事例】 保険会社から32万7600円の示談案を提示されたが、示談額を2.5倍以上の約88万円に増額させて示談した事例

 
 

50. 【交通事故解決事例】 頚椎捻挫、腰椎捻挫等により後遺障害14級を獲得し、約320万円の賠償金を取得した事例

 
 

51. 【交通事故解決事例】 依頼者過失10%の事例で、約74万5000円の賠償金を取得した事例

 
 

52. 【交通事故解決事例】 頚椎捻挫により後遺障害14級を獲得して、約238万円の賠償金を取得した事例

 
 

53. 【交通事故解決事例】 頚椎捻挫等により後遺障害14級を獲得し、交通事故紛争処理センターに申し立て、合計約285万円の賠償金を取得した事例

 
 

54. 【交通事故解決事例】 保険会社から約213万円の示談案を提示されたが、示談額を約480万円に倍増させて示談した事例

 
 

55. 【交通事故解決事例】 同族会社の役員である依頼者について、左脛骨高原骨折により後遺障害12級を獲得し、交通事故紛争処理センターに申し立て、合計約1640万円の賠償金を取得した事例

 
 

56. 【交通事故解決事例】 依頼者過失40%の事例で、保険会社の提示してきた示談案から約100万円示談額を増額させて示談した事例

 
 

57. 【交通事故解決事例】 依頼者過失15%の事例で、86万円の賠償金を取得した事例

 
 

58. 【交通事故解決事例】 頚椎捻挫により後遺障害14級を獲得し、合計約351万円の賠償金を取得した事例

 
 

無料電話相談受付中!お気軽にご相談下さい(初回相談料0円・着手金0円)

 

大阪千里法律事務所の特徴

①事故直後からの相談に対応可能

交通事故の賠償額は、後遺障害の等級によって異なってきます。適切な後遺障害等級の認定を受けるためには、事故直後からの治療、検査、検査を行う時期、レントゲンやMRI・CTなどの撮り方や時期などが重要なポイントとなってきます。当事務所の弁護士は、後遺障害の等級認定に豊富な知識があるので、適切なアドバイスが可能です。

 

②交通事故に詳しい医師との強固なネットワーク

後遺障害の等級は、後遺障害診断書とレントゲン、MRI、CTIなどの画像によって判断されます。そのため、診断書にあなたの症状が正しく書かれているか、また画像でその症状が見受けられるかが必要となってきます。特にMRIは解像度によって、写らない場合もあります。3テスラもしくは3.5テスラの装置にて撮影することが望ましいです。当事務所は3テスラの装置を持った病院もご紹介できます。
 

③夜間・休日の無料相談

平日の昼間に相談に来るのは難しいという方のために、平日の夜または土曜日も相談に対応しております。弁護士に相談したいけど、仕事や子供の面倒、家のことで平日の昼間に相談にくるのが難しいという方も多くいらっしゃると思います。そのような方は夜間・土曜相談をご利用ください。(要予約)


 

まずはお気軽にお電話下さい!その場で相談日が決まります。06-6873-8111(電話相談無料) 弁護士紹介
 

無料電話相談受付中!お気軽にご相談下さい(初回相談料0円・着手金0円) 交通事故の賠償金は弁護士に相談することで増額されることをご存じですか?大阪千里法律事務所は完全成功報酬制だから安心です 弁護士に相談することで示談金の増額が見込めます! 924万円の増額例あり。実際の事務所の事例です!

 

 

あなたの交通事故問題を弁護士が解決します。お気軽にご相談ください。

「保険会社との交渉が大変。対応に不満がある」「後遺症のことがわからない」など


上記のことで少しでもお悩みになっていたら、当事務所へご相談ください。経験豊富な弁護士が相談者の方のご相談に親身になって耳を傾け、心の負担を少しでも軽減できるよう最善の努力をさせて頂きます。

 

「交通事故の被害者の多くが、適正な被害賠償金からかけ離れた低い金額で示談に応じさせられている。」弁護士になって初めてこのことを知り、私は驚きました。
 
保険会社の提示する被害賠償金は、適正な金額の半分以下である可能性が高いです。しかし、これには理由があります。保険会社は、交通事故部門だけの収支では赤字なのです。そのため、適正な被害賠償金を被害者に支払うことができません。適正な被害賠償金を被害者に支払うためには、現在の交通事故保険金を高額にしなければならなくなり、そうすると加入者が減ってしまうというジレンマを抱えているのです。したがって、法的知識のない被害者に対しては、適正な金額の半分以下の金額を提示し、「当社の基準によりますと、お支払金額はこのようになります。」と言って示談を促すのです。
 
その結果、適正な金額の半額以下、酷い場合には適正金額の1割以下を提示される被害者が多いのです。
 
被害者の方は、怪我をされて後遺症が残ったり、お亡くなりになったりしています。「お金はいいから元の体にして返してほしい。」と切実に訴えられる方もおられます。しかし、元の体にして返すことはできません。そうであるなら、せめて被害者の方に適正な金額が支払われなればならないと当事務所は考えています。
 
法的知識のある弁護士が介入すれば、保険会社は適正な金額の支払いに応じます。訴訟を提起されたら適正な金額を支払わざるを得ないからです。被害金額が多額になる場合(後遺障害の等級が高い方、死亡事案の方)は必ず弁護士に相談してください。1000万円単位で受領金額が変わります。
 
被害者の方が早期に弁護士に相談すべき理由はもう一つあります。
 

それは、専門的知識がないと、とれるはずの後遺障害等級認定がとれないことがあるからです。後遺障害等級認定がとれるかとれないかで、受け取れる金額は大きく変わります。治療に鍼灸院のみに通っていたため、あるいは医師の後遺障害診断書の記載が不十分であったため後遺障害等級認定が取れなかった方がたくさんおられます。

 

当事務所では、後遺障害等級認定が取れて当然であるにもかかわらず認定が取れない被害者の方が出ないよう、専門的なアドバイスができます。

 

そのアドバイスは、交通事故直後から症状固定までの間に受けなければ意味がありません。交通事故に遭われたらできるだけ早く当事務所にご相談ください。

  de.png
  • 大阪千里法律事務所の特徴
  • 適正な賠償額獲得のために徹底的に戦います
  • 事故直後から相談可能
  • 後遺障害の等級認定を徹底サポート
  • 完全成功報酬制
  • 豊富な解決事例

交通事故解決の流れ

事故発生 必ず警察に通報し、保険会社に連絡しましょう
治療 怪我がある場合は、忙しい場合でも病院へ行きましょう
治療費打ち切り まずは弁護士に相談し、適正な賠償を受けましょう
症状固定 後遺症が残った場合は、弁護士に相談しましょう
示談案の提出 賠償金額が適正かの判断は、弁護士に相談しましょう
示談交渉・訴訟 適正な賠償が提示されない場合は、裁判を提起します
解決 適正な賠償を受け取り、交通事故問題が解決します
まずはお気軽にお電話下さい!その場で相談日が決まります。06-6873-8111(電話相談無料) 弁護士紹介
 

新着情報

★ 交通事故・借金問題・遺言・相続・企業法務・離婚に関するご相談は初回相談無料、交通事故は何度でも無料です

8月11~8月15日はお盆休みとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

 

電話相談無料 06-6873-8111(受付時間9:30〜17:30)

相談票.png

 

Contents
Access Map

大阪千里法律事務所
最寄り駅
千里中央駅 徒歩約1分
クリックすると拡大されます

クリックすると拡大されます
対応エリア
豊中市・箕面市・吹田市を中心とした大阪府全域に対応

大阪千里法律事務所 豊中、箕面、吹田の弁護士による離婚相談

banner-1.png